雄武町について

道東地方、北海道オホーツク総合振興局の最北部、オホーツク海沿岸に「日の出の町」雄武町(おうむちょう)があります。稚内と知床のちょうど中間地点に位置するこの町は、オホーツク海の豊富な海産資源と、広大な大地を利用した畜産資源に恵まれた「自然と資源の豊かな町」でもあります。町名の由来はアイヌ語の「オムイ(=オムペッ)」(河口が塞がるの意)からと考えられています。

オホーツク海を臨む海岸線はおよそ35キロにも及び、乳牛たちが草を食む草原をバックにどこまでもゆったりとしたのどかな景色が続きます。この町では、訪れる人が想い描く北海道の原風景、広大な北の大地と海そのものの魅力を楽しむことができる町です。

アクセス

困った時

雄武の四季

The Events of Oumu

おうむのイベント

posåterB2_umaimon008_1000x618
第12回 雄武の宝 うまいもんまつり
イベント / うまいもんまつり
oumu_chara_seeking
雄武町公認キャラクター募集
おうむのキャラ募集
2018photocontest_omote_1000x618
2018年雄武町観光協会主催フォトコンテスト
イベント / フォトコンテスト