北の岬 城之内早苗

kitanomisaki_cover_01

こんな歌があったことを知りませんでした。タイトルは「北の岬」歌っているのは、その昔一世を風靡したおニャン子クラブのメンバー城之内早苗さんです。当時のニックネームはお城(おじょう)でした。

この歌がなぜできたのかは作詞をされた高野利昭さんが書かれているブログに詳しくかかれてあります。そこから引用します。

【北の岬について】

かんたんに紹介します。

平成12年、私は雄武の沢木小の3年目だった。
4月、若い先生が来た。音楽に堪能だった。
(昨日、一昨日とお世話になった、Tさん)

5月頃、私の住宅で二人で酒を飲んだ。
日の出岬の歌を作るか、となった。
歌詞は私が担当。 曲はT先生。

そんなことでスタートし、曲ができたのが6月。歌詞は11月。
歌ってもらうのは、城之内早苗と私の希望で決めていた。
そして、ゼティマというレコード会社にお願いすることになる。
雄武町に支援も。
CDが出来上がったのは、それから、1年半後の平成14年5月。

こんな感じです。
このような詩を作ったことはなかったから、大変だった。
2番の歌詞の温もりの灯りを発見したとき、これでやっとできたなと思った。

平成14年(2002年)5月にできあがったとありますので、今から17年ほど前のことです。その年のヒット曲といえば・・・

  • H(浜崎あゆみ)
  • traveling(宇多田ヒカル)
  • ワダツミの木(元ちとせ)
  • 大きな古時計(平井堅)
  • 君が好き(Mr.Children)
  • そうだ!We’re ALIVE(モーニング娘。)

などなど。この時にはまだAKB48は出て来ていません。

そんな中でひっそりと、でも日の出岬を熱い思いで歌った「北の岬」を聴いてみてください。

 

北の岬

話す言葉 探しながら       
北の岬に 聞く波は       
霧にかすむ オホーツクの海       
ああ 潮風(かぜ)に ふるえてる        
ハマナスの花よ          

※ ねえ せめておしえておくれ       
あの人の心だけは       
出来るなら 聴かせておくれ       
あの人の唄う 恋の歌 ※       

好きと言えず まよいながら       
残る夕日に 染まるのは        
想い募らせ 未練の花       
ああ 祈る オムイの       
温もりの 灯りよ       
ねえ せめて伝えておくれ       
私の 焦がれる想い       
出来るなら 届けておくれ       
私から唄う 愛の歌       
明日の夢を さがしながら       
岬ホテルに 見る夢は       
いつかあなたの 胸の中で       
ああ 日の出岬に       
昇る 朝の光よ 

 

 

こんな記事も・・・

沢木サンセット 都会で暮らしていては決して見られないもの - それは見事な夕焼けです。私自身全国各地を訪ね歩きましたが、各地それぞれ素敵な夕焼けがあります。中でも島根県松江市と出...
緊急告知「The 大爆発」ライブ 雄武高校軽音楽部主催のライブが来たる2月17日(日曜日)町民センターで行われます。 産業観光まつりやうまいもんまつりでも演奏を聞かせてくれた雄武高校軽音楽部が企画し、紋別からのゲストバンドも登場...
流氷来たよ@January 26,2019 沢木港に迫る流氷 今年は雪も少なくそれほど厳しく凍れる日も多くなかったのですが、昨年よりも早く...
選べる浴衣 大型連休も終わりに近づいてきました。今日5月6日に所用があり、日の出岬ホテルにお邪魔した際、なかなかイカすサービスをやり始めていらっしゃったのでご紹介です。 そう、温泉地旅館ではたまに目...
日の出岬 8月に御西沼の空撮を観光協会のHPで紹介しました。今回は雄武の最強スポット「日の出岬」の空撮です。菊地局員がドローンが来てから毎朝熱心にドローンの操縦を練習していたので、彼...