海と太陽の恵みの昆布干し

7月13日から始まった昆布干し作業です。
夏の間に作業風景を見学させていただく事が出来ましたが中々こちらにアップできずにおりましたが約1ヶ月続いた昆布干しの作業を終えて浜では秋の稚貝養殖が始まっています。
昆布干しでは夏休み中の高校生たちを中心にどの家も頑張っていました。

早朝5時に出港する昆布漁の船。
沢木、雄武、幌内とそれぞれのポイントがあるようです。
大きく長いフォークのような道具で海中の昆布を巻きつけねじり上げます。
力が無いと無理な作業ですね。

今は、昆布を干す作業場も倉庫での台干しが主流になっているので、前日に採った昆布を早朝1番に干して、当日はゆっくりたっぷり採ってこられるようです。
この日も港で待っていると、次々と昆布を積んだ船が入ってきていました。

こちらの家では夏休みの高校生が中心で砂利干場に綺麗に敷き詰めていました。 なんと、バイトの人数は30人にもなるそうです! 最近では見ることの少なくなった光景ですがお天気が良ければ外に干す家もまだまだ多いようです。 やはり太陽を浴びた昆布は一味違うのでしょうね。

こちらでは、丸1日の様子を見学させて頂きました。
早朝3時頃から前日採取の昆布を台に干していきますがそれぞれの持ち場で手際よく作業が進められていきます。

まず荷台から昆布の根を揃えて水洗いをし、根を切り落とし長さを揃えて台に干します。
長さの足りないものや小さいものも全て商品になるのでこちらも干します。
台が全て埋まれば大きな扇風機を回して乾燥が始まります。
熱風が出るようになっているので、倉庫のドアが閉められると中は灼熱ですが夕方には乾燥が出来上がり、今度は回収をします。回収された昆布は切り揃える作業を待つ倉庫に運ばれます。

こちらでは昆布の水洗いを洗浄機を使っていました!
よごれもねじれも取れるようです。
バイトさんが昆布の長さを自分の身長と比べてくれました。
150センチ以上あるようです。

昆布干しは終了しても、まだまだ製品にする作業が残っています。

干した昆布を整型しながら、16種に選別して分けるそうです。
次回は昆布を製品用に切る様子を見せてくれるとの事なのでまたお伝え致します。

取材協力:沢木 舘山漁業部様、高橋漁業部様、雄武 高宮漁業部様、バイトのみなさん、ありがとうございました。

こんな記事も・・・

うまいもんマーケットお買い物ガイド... 観光協会のネットショップ「おうむうまいもんマーケット」が始まってから約1週間が経ちました。 今日はここで画像付きで購入方法などをご紹介したいと思います。 改めると少し長くなり...
おうむキャンドルナイト終了しました。... 2月2日・3日、旭日公園で「おうむキャンドルナイト」を開催いたしました。今年は観光協会で50個のバケツを用意して1月15日からほぼ毎日アイス作りを行いました。 12リットルのバケツに八分目くらい...
晴天の韃靼そばまつり 7月28日(日)、晴天の下、雄武町ふるさと100メモリアル広場にて第3回オホーツク韃靼そばまつりが開催されました。会場では、冷やしたぬきの韃靼そばや、韃靼そばのパ...
雄武の屋台村OPEN 雄武町商工会・同青年部・同女性部・サンライズ王国の企画により、雄武の屋台村が開催いたします。千円で飲み放題の超お得な大人気イベントです。また、美味しいおつまみもリーズナブルな価格で用意しています。...
第2回 焼き床ビアパーティー 雄武町商工会 青年部の主催により「第2回焼き床ビアパーティー」が8月2日猛暑の中、開催いたしました。数日前の天気予報では夕方には雨模様でしたが、うれしい好天となり...
雄武町観光協会「6月号かわら版」 雄武町観光協会「令和元年6月号かわら版」を発行しました。かわら版では観光協会の事業や取り組み、イベントなどを紹介しております。本号では、6月29日(土)、30日(日)に開催されるおうむ産業観光まつりや...