海開けの雄武漁港

201804_0002

3月8日の雄武漁港。出漁準備に追われる漁師さん達の姿がありました。5時半から、いよいよ出港開始。待ちかねたように次から次へとエンジン音が響き渡ります。

静まりかえった雄武漁港、薄氷の中をすべるように漁船が続いて行きました。出漁した10隻は魚田沿岸でのホタテの魚場造成と水揚げを開始します。

晴れわたる空と穏やかな海。岸壁でオジロワシ数羽が見守るなか、朝日が立ち昇り、輝きのエールをおくっているようでした。

 

こんな記事も・・・

「お知らせ」雄武漁協毛ガニ祭り中止について... 第19回(平成31年) 雄武漁協毛ガニ祭りの中止について 雄武町の一大イベントで、毎年楽しみにしていた雄武漁協の毛ガニ祭りですが、今年は諸事情により中止となります。雄武町観光協会へ実施日等のお...
2017年3月8日下架作業 3月8日(水)の午前中雄武港で平成29年の下架作業が行われたので行ってきました。「下架(げか)」という言葉は耳慣れないと思いますが、もともとは造船などの土木用語で「船舶を造船所の架台から降ろす...
毛がに売り出し中! 今日から雄武の道の駅そばにある海鮮丸で毛がにの即売会が始まりました。 3日間の予定で店舗の外に市が立っています。この期間は朝水揚げされた毛がにを茹でて販売するため、お電話での予約注文はできないと...
第18回雄武漁組 毛がにまつり 4月16日現在毛がにの水揚げが少なくなています。例年に比べても非常に少ないのです。明日17日も船が出ません。毛がにまつりまでに獲れるだけはがんばりますが、いつもの毛がにまつりのような数は揃える...
第17回雄武漁協の毛がにまつり 4月23日(日)は雄武町漁協主催の第17回毛がにまつりの日でした。観光協会からも2名お手伝いに参加いたしました。数日前から冬の寒さに逆戻りのオホーツク海沿岸。前日は雪も降り、マイナスまで気温が...
雄武漁港、春の風物詩。船おろし! 雄武漁港では待ちに待った本格操業を前に、船おろし作業が終盤を迎えました。念入りな塗装の補修チェックを終えると、数十名の漁師さん達が見守る中いよいよ進水です。 待ちかねたようにエンジンが始...