ホワイト雄武、厳冬の朝

201804_0012

今年の最低気温を更新した日の前夜、澄んだ月が海上に浮かんでいました。一晩で月夜の海が、氷の海に変わり、雄武漁港は閉ざされてしまいました。港の岸壁には国の天然記念物オジロワシと思われる鳥が、鋭いくちばしと眼光で流氷を睨みつけています。

流氷は海開けの豊饒をもたらしますが、海鳥たちは閉ざされた海でしのぎを削りあっています。道の駅おうむでは毎朝、雪かきに追われていますが、この日は中国からの研修生も手伝ってくれました。

研修室から日本語音読の唱和の声が響き渡ってきます。展望ホールからは、白い流氷に埋め尽くされたオホーツクの素晴らしい眺望。厳冬の白い2月は短夜(みじかよ)の夏と同じく、あっという間に過ぎてしまうかもしれません。

思い立ったら吉日、今しか見られない雄武へ、ぜひお越しください。

こんな記事も・・・

trash audio 6月23日(木)の午後、札幌を中心に活動しているTRASH AUDIOさんが観光協会に立ち寄ってくれました。お話を聞くとどうやら車で「北海道179市町村完全制覇の旅」をしているようで、今日は下川→...
7月26日の天の川 7月に入り、北オホーツクも30度を超える暑い日が何度かありました。ここ数日は25度前後で気温は安定していますが、急に冷え込むことがあるのがあるので注意が必要です。 ここ数日夜は雲もなく星...
新しいスタッフジャンパーできましたっ!... 企画からできあがりまで約2ヶ月かかりましたが、我ら雄武町観光協会の新しいスタッフジャンパーが本日納品されました。デザイナーさんはとても若い女性。都会に住んでいるので雄武のイメージを写真や文章で...
2017年フォトコンテスト優秀作品展示 ここ数日で雄武の気温もグッと下がってきました。昨晩はちらほらと雪が降り、朝起きてみると白い雪が積もっていました。例年に比べると遅めの雪ですが、それでも日暮れが早くなり、5時前には外は暗くなって...
カレンダー先着50名様へ無料配布!! 雄武町観光協会2018年度カレンダー 2017年度雄武町フォトコンテストにて89作品...