ホワイト雄武、厳冬の朝

201804_0012

今年の最低気温を更新した日の前夜、澄んだ月が海上に浮かんでいました。一晩で月夜の海が、氷の海に変わり、雄武漁港は閉ざされてしまいました。港の岸壁には国の天然記念物オジロワシと思われる鳥が、鋭いくちばしと眼光で流氷を睨みつけています。

流氷は海開けの豊饒をもたらしますが、海鳥たちは閉ざされた海でしのぎを削りあっています。道の駅おうむでは毎朝、雪かきに追われていますが、この日は中国からの研修生も手伝ってくれました。

研修室から日本語音読の唱和の声が響き渡ってきます。展望ホールからは、白い流氷に埋め尽くされたオホーツクの素晴らしい眺望。厳冬の白い2月は短夜(みじかよ)の夏と同じく、あっという間に過ぎてしまうかもしれません。

思い立ったら吉日、今しか見られない雄武へ、ぜひお越しください。

こんな記事も・・・

産業観光まつり終了。 6月24日、25日に行われた「第39回おうむ産業観光まつり」はあいにくのお天気でしたが、無事終了いたしました。悪天候の中、たくさんのご来場者に来ていただきました。誠にありがとうございまし...
雄武の知られざる魅力スポット発見 10月22日朝、雄武町森林組合長菊地さんの案内で総勢3人の乗ったパジェロが街から約14キロのイナシベツの滝へ出発しました。その滝は林道からすぐの所にあり、苔むした石が清流に散在し、紅葉につつま...
20年目の夏、益子町交流体験の翼 沢木の浜辺で水遊び オムイフォーラム21主催の交流事業で、益子町の子ども達14名と引率の団長さん等5名が雄武町を訪れ、2泊3日の交流を楽しみました。 雄武漁組ではホタテ工場、冷凍庫を見学。機械...
新しいスタッフジャンパーできましたっ!... 企画からできあがりまで約2ヶ月かかりましたが、我ら雄武町観光協会の新しいスタッフジャンパーが本日納品されました。デザイナーさんはとても若い女性。都会に住んでいるので雄武のイメージを写真や文章で...
雄武高生が国道沿い花壇を整備 [10月26日午後、雄武高等学校の皆さんが国道沿いの花壇を手入れしてくれました。修学旅行の2年生以外の全生徒が参加し、約二時間で綺麗なすっきりした景観になりました。枯れ草に...
紅葉色ずく幌内川 紅葉色ずく幌内川 幌内川 雄武町の北に位置する幌内川の川名はアイヌ語の「ポロ・ナイ」(大きいまたは親の・川)に由来してます。水源は北見山地のピアシリ山から東流してオホーツク海へ注いでいます。流域面...