ホワイト雄武、厳冬の朝

201804_0012

今年の最低気温を更新した日の前夜、澄んだ月が海上に浮かんでいました。一晩で月夜の海が、氷の海に変わり、雄武漁港は閉ざされてしまいました。港の岸壁には国の天然記念物オジロワシと思われる鳥が、鋭いくちばしと眼光で流氷を睨みつけています。

流氷は海開けの豊饒をもたらしますが、海鳥たちは閉ざされた海でしのぎを削りあっています。道の駅おうむでは毎朝、雪かきに追われていますが、この日は中国からの研修生も手伝ってくれました。

研修室から日本語音読の唱和の声が響き渡ってきます。展望ホールからは、白い流氷に埋め尽くされたオホーツクの素晴らしい眺望。厳冬の白い2月は短夜(みじかよ)の夏と同じく、あっという間に過ぎてしまうかもしれません。

思い立ったら吉日、今しか見られない雄武へ、ぜひお越しください。

こんな記事も・・・

移動スーパー「ひので丸」新規開店!... 雄武町商工会が地域の拠点、小規模移動スーパー「ひので丸」を新規開店しました。 車名とラッピングは公募により照井さんと笹さんの作品が選ばれ、親しみやすく雄武らしいデザインです。 2月...
2017年フォトコンテスト優秀作品展示 ここ数日で雄武の気温もグッと下がってきました。昨晩はちらほらと雪が降り、朝起きてみると白い雪が積もっていました。例年に比べると遅めの雪ですが、それでも日暮れが早くなり、5時前には外は暗くなって...
上架作業終盤、雄武の漁船が勢ぞろい!... 上架された漁船 12月3日の朝8時から上架作業があると聞いて、雄武港へやってきました。時すでに遅く、クレーン作業は終っていました。船の上に3月から11月まで載せて熟成させた旨酒を飲みすぎての遅刻ゆえ...
新メンバー紹介 雄武町観光協会に新しく2人のメンバーが加わりました。新体制での船出です。一人目は新事務局長の後藤勝、もう一人は局員の菊地幸人です。後藤は山形県出身、菊地は地元雄武町の出身です。 二人から...
20年目の夏、益子町交流体験の翼 沢木の浜辺で水遊び オムイフォーラム21主催の交流事業で、益子町の子ども達14名と引率の団長さん等5名が雄武町を訪れ、2泊3日の交流を楽しみました。 雄武漁組ではホタテ工場、冷凍庫を見学。機械...