第17回雄武漁協の毛がにまつり

kegani001

4月23日(日)は雄武町漁協主催の第17回毛がにまつりの日でした。観光協会からも2名お手伝いに参加いたしました。数日前から冬の寒さに逆戻りのオホーツク海沿岸。前日は雪も降り、マイナスまで気温が下がりました。当日の朝も氷点下。天候が心配でした。

会場は雄武の港・漁協の前の広場で行われました。毎年前泊の方もいらっしゃるようですが、今年も7時には毛がに目当てのお客様が並び始めました。遠くは札幌や岩見沢からいらっしゃっている人もいるようですが、広い駐車場には旭川ナンバーの車が多かったようです。内陸のお住いの方は海の幸がお好きなのでしょう。

10時から毛がにを売り始めました。普段はせりなどが行われる場内に「浜ゆでのかに」「チルドのかに」と列を分けてお買い求めいただきました。浜ゆでとは取れたての毛がにを場内のすぐ横に釜を用意してそこで茹でたもの。チルドは茹でたかにの熱を取ったもの。本州方面などに送ってもらう場合はチルドのかにをお勧めしています。購入尾数制限もありましたが、みなさんたくさん買っていきます。年を追うごとにかにの価格は上がってきているのですが、みなさん見事な買いっぷりでした。

会場内には毛がにや毛がに汁、浜焼きなどを食べられるテーブル席も設けていましたが、みなさん、かにを食べるときは無口でした(笑)無口になるのも無理はなし。それくらい雄武の毛がにはおいしい!という証です。いや、自分の町の毛がにをよいしょしているわけではなく、これはもう事実です。オホーツク海、それもとりわけ雄武沖の海はおいしい魚のホームなのです。

こんな記事も・・・

trash audio 6月23日(木)の午後、札幌を中心に活動しているTRASH AUDIOさんが観光協会に立ち寄ってくれました。お話を聞くとどうやら車で「北海道179市町村完全制覇の旅」をしているようで、今日は下川→...
沢木小学校校歌 3学期始業式でした。今回の校歌録音は沢木小学校です。雄武の一番興部側の小学校です。今年度は全校生徒数13人(ちょうど今日から転入生が一人いました)の小規模校です。校長先生は私と同じ紋別北高校。...
海開けの雄武漁港 3月8日の雄武漁港。出漁準備に追われる漁師さん達の姿がありました。5時半から、いよいよ出港開始。待ちかねたように次から次へとエンジン音が響き渡ります。 静まりかえった雄武漁港、薄氷の中を...
流氷がわんさか来たぞ! 連日観光協会でも流氷関連の投稿が続いています。それくらい今年はたくさん流氷が海岸線まで押し寄せてきています。先週は凍れる日が多く、日中でも気温はマイナス10度前後。風も海...