毛がに売り出し中!

20170331-DSCF4922
今日から雄武の道の駅そばにある海鮮丸で毛がにの即売会が始まりました。 3日間の予定で店舗の外に市が立っています。この期間は朝水揚げされた毛がにを茹でて販売するため、お電話での予約注文はできないとのこと。新鮮な毛がにを店舗のみで販売します。 午前中からお客様がたくさんいらして、手頃な値段ものから売り切れていったようです。3月31日現在、約400gのもの(一般的なSサイズ)で2,000円となっています。一番大きな660gのもので3,500円が相場です。
20170328_185105

やはりオホーツクの春の味覚は人気ですね。私も初物を手に入れて、半分はそのまま、半分はパスタにして食べました。味が濃くてむっちりしていて(ここ大切です。パサパサしていない)味噌がたっぷり詰まっていて、雄武の毛がにの味です。毛がにを食べると「春が来たなぁ」とつくづく思います。雄武の旅館や民宿の中には旬の時期夕食に毛ガニがふるまわれることも珍しくありません。毛がにが出たからといって宿泊代金が高くなるというわけでもないので、これは毛がにがとれる港町ならではホスピタリティですね。

毛がにの季節はまだまだ始まったばかり。まだ遠目に流氷が見えます。流氷があるということは寒いということ。本格的な春はまだ先です。5月までは毛がにの季節ですので、たくさんのお客様の来遊をお待ちしています。

こんな記事も・・・

song of birds in oumu #2 久しぶりのsounds in oumuです。実はほぼ毎日ウォーキングついでにスマホを携え歩いてはいるのです。いつでもいい音があったら録音しようと思って。6月に入り気温も上がってきて、カッコウの...
2018年雄武町観光協会のフォトコンテスト... 今年も雄武町観光協会主催のフォトコンテストを行います。昨年度は89作品のエントリーがありました。今年もたくさんの方々からのエントリーをお待ちしています!今年も大賞賞金が十万...
2017年3月8日下架作業 3月8日(水)の午前中雄武港で平成29年の下架作業が行われたので行ってきました。「下架(げか)」という言葉は耳慣れないと思いますが、もともとは造船などの土木用語で「船舶を造船所の架台から降ろす...
日本一のおうむ「さかな」 去る4月23日(土)に絵本作家の加藤休ミ先生が来町してくださり、雄武町図書館にて子どもたちといっしょにひとつの大きな「さかな」の絵を描くクレヨン画ワークショップが...
沢木小学校訪問 観光協会の高橋理事長ご夫妻と話をしていた折、「沢木小学校の校長先生がすごく元気に頑張っているんだよ」というお話を聞きました。「興部町沙留の出身で・・・上野校長・・・」とそこ...
a day in oumu, thurday, 18 august 久しぶりの「a day in oumu」です。7月末からお盆を過ぎた今日まで、雄武町でも色々な催しがありました。 念願(?)だったピアシリ湿原に登れましたが、4月にこの...