2017年3月8日下架作業

IMGP2978

3月8日(水)の午前中雄武港で平成29年の下架作業が行われたので行ってきました。「下架(げか)」という言葉は耳慣れないと思いますが、もともとは造船などの土木用語で「船舶を造船所の架台から降ろすこと」です。昨年末12月に入る頃、一冬を越すために陸に上げられた漁船は架台の上に乗せられて翌年3月の海開きを待ちます。3月末から雄武では毛ガニ漁が始まり本格的な海の仕事が始まります。ペンキを塗ったり機械周りの調子を整えて3月8日の作業を迎えたわけです。

今回は盛運丸の四辻船長(こちらでは船頭さん、親方と言われますが)にお願いして船にも乗せていただきました。四辻さんはFacebookでもとても素敵なオホーツクの写真をたくさんアップしているくらいの写真好き。今回もご自分のアクションカムを持参していろいろな動画を撮ってらっしゃいました。

海での漁が始まると自然と町は活気づいてきます。雪どけが進むと牧草地にも緑が見え始め、牛や馬の姿も見え始めます。長い間雪や寒さに閉ざされる土地ですので春の訪れはとても劇的です。

雄武漁業組合主催の毛がにまつりは4月23日(日)午前10:00から雄武漁港にて行われます。当日はサイズにわけられたとれたての浜ゆでの毛がにやチルドの毛がにが格安のお値段で販売されます。販売スタート前から長い列ができるほどの賑わいを見せますの乞うご期待!

IMGP2919
IMGP2945

こんな記事も・・・

第17回雄武漁協の毛がにまつり 4月23日(日)は雄武町漁協主催の第17回毛がにまつりの日でした。観光協会からも2名お手伝いに参加いたしました。数日前から冬の寒さに逆戻りのオホーツク海沿岸。前日は雪も降り、マイナスまで気温が...
雄武漁港、春の風物詩。船おろし! 雄武漁港では待ちに待った本格操業を前に、船おろし作業が終盤を迎えました。念入りな塗装の補修チェックを終えると、数十名の漁師さん達が見守る中いよいよ進水です。 待ちかねたようにエンジンが始...
あっそうなんだ!大人の見学旅 婦人会の皆様が雄武を訪れ、見聞を広めてお帰りになりました。午後の到着で最初の訪問は、おうむアグリファーム。道の駅おうむから15分ほどで到着です。広大な敷地で約3500頭を飼育しています。預託牛...
a day in oumu, thurday, 18 august 久しぶりの「a day in oumu」です。7月末からお盆を過ぎた今日まで、雄武町でも色々な催しがありました。 念願(?)だったピアシリ湿原に登れましたが、4月にこの...
フォトコンテスト人気投票します! 2018年産業観光まつりでのひとコマ(フォトコン作品ではありません) 9月30日に応募を締め切った2018年雄武町フォトコンテスト...
雄武PRイベント@大通ビッセ 先週12月8日(木)午前10時から札幌大通ビッセで雄武のPRイベントを行ってきました。大通ビッセは2010年9月23日にグランドオープンした大型高層ビルです。地下2階と地上1〜4階までには様々...