おうむ手打ち蕎麦の会

sobauchi002
5月30日(月)におうむ手打ち蕎麦の会主催の食事会がありました。お誘いを受けたので、取材を兼ねて観光協会3名で参加させていただきました。 まず初めに謝りますー「ごめんなさい。手打ち蕎麦?大したことないだろうと思っていました」ー私が間違っておりました! 口に入れた蕎麦はコシがあって噛みごたえあり。打ち立ての蕎麦がこんなに美味しいものだとは思いませんでした。江戸前「藪蕎麦」と比べても引けを取りません。大げさではなく、本当に。ただ、江戸前のお蕎麦は藪、更科ともに江戸時代から続く看板があります。そこは横に置いておいて、おうむ手打ち蕎麦の会、やりますなぁ。というのが私の感想です。
少し歴史をご紹介。「おうむ手打ち蕎麦の会」は発足が2010年4月。今年で丸6年になります。ことの初めは2009年。雄武でダッタン蕎麦を栽培し、普及させていきましょうという考えのもと、田原賢一前町長(故人)とその当時役場の産業振興課課長の石井弘道氏(現在株式会社神門社長)の働きかけで、蕎麦打ちをやっておられた舘 山健之進氏を中心に会の前身がスタートします。翌春、正式に「おうむ手打ち蕎麦の会」が発足しました。現在の会員数は12名。そのうち有段者が7名いらっしゃいます。舘山氏がずっと会長を務められてきましたが、今年3月をもって会長を退かれ顧問に就任し、会員の中から近江谷春夫氏が新会長に選ばれました。
お話をして驚いたのはみなさんとても研究熱心だということです。ご自分の道具を揃え、自宅に蕎麦打ち部屋を作っている方もいらっしゃるとのこと。また、女性陣を中心に蕎麦つゆの研究も盛んにやっておられます。蕎麦が美味くてもつゆが悪ければ台無しになってしまいます。いただいた蕎麦つゆもダシがしっかり効いたとてもおいしいものでした。それも驚いたことの一つです。 ちょうど5月末からダッタン蕎麦の植え付けも始まるところ。なんといってもダッタン蕎麦の作付け面積日本一の雄武町です。収穫の頃にはきっと美味しいダッタン蕎麦も食べられることでしょう。 ごちそうさまでした。
sobauchi002
包丁を持つ姿はきれいです。
sobauchi006
成瀬さんと女性陣が揚げた山菜の天ぷら。山菜採りの名人が会員さんの中にいらっしゃいます。
sobauchi007
男性三人話し込んでいます。
sobauchi004
独特な形をしていますね。
sobauchi008
近江谷さんが打った冷やし蕎麦。
sobauchi009
竹田さんが打った温蕎麦。ご本人曰く「失敗でした」 いえ、美味しかったです。

こんな記事も・・・

上架作業終盤、雄武の漁船が勢ぞろい!... 上架された漁船 12月3日の朝8時から上架作業があると聞いて、雄武港へやってきました。時すでに遅く、クレーン作業は終っていました。船の上に3月から11月まで載せて熟成させた旨酒を飲みすぎての遅刻ゆえ...
新メンバー紹介 雄武町観光協会に新しく2人のメンバーが加わりました。新体制での船出です。一人目は新事務局長の後藤勝、もう一人は局員の菊地幸人です。後藤は山形県出身、菊地は地元雄武町の出身です。 二人から...
平成29年度雄武町観光協会総会 5月17日(水)に雄武町観光協会の平成29年度の総会が行われました。来賓に中川原雄武町町長をお迎えし、観光協会高橋理事長、観光協会各理事、一般のお客様出席のもと、後藤事務局長から平成28年度事...
2017年フォトコンテスト優秀作品展示 ここ数日で雄武の気温もグッと下がってきました。昨晩はちらほらと雪が降り、朝起きてみると白い雪が積もっていました。例年に比べると遅めの雪ですが、それでも日暮れが早くなり、5時前には外は暗くなって...
雄武高生が国道沿い花壇を整備 [10月26日午後、雄武高等学校の皆さんが国道沿いの花壇を手入れしてくれました。修学旅行の2年生以外の全生徒が参加し、約二時間で綺麗なすっきりした景観になりました。枯れ草に...
紅葉色ずく幌内川 紅葉色ずく幌内川 幌内川 雄武町の北に位置する幌内川の川名はアイヌ語の「ポロ・ナイ」(大きいまたは親の・川)に由来してます。水源は北見山地のピアシリ山から東流してオホーツク海へ注いでいます。流域面...