20170428-DSC_5876

早いもので4月もあと少しで終わります。今日の雄武は最高気温が11℃。青空の広がる気持ちのいい陽気でした。ゴールデンウィークを前に気温が少しずつ上がってきています。それでも、最低気温はまだ2〜3℃ですので、朝夕は暖かな服装でなければ寒い日が続きます。先週、毛がにまつりの前日には雪も降りましたので、寒暖の差が大きなオホーツク海沿岸です。

漁師さんたち同様に農家さんも忙しい時期になってきています。牧草地の土を整え、肥料まきなどをやり始めています。何ヘクタールもある広大な牧草地を整えていくわけですから、早朝から夜まで休む間もなく働いている様子がうかがえます。

市街地から少し山側に入ったところに行き、写真を撮ってきました。これから夏にかけて北海道でよくみられる雲と青空の共演が始まっていました。こういう雲は北海道独特な迫力があります。都会ではお目にかかれないドラマチックさがあります。

さて、道の駅では管理人さんが磯がにとヤマメの水槽を設置してくださいました。ゴールデンウィークを前にお子様連れの旅行客も増えるのでという粋な計らいです。カニはたくさんいます。ヤマメもチビの中に悠々と泳ぐ10cmくらいの親分がいます。道の駅にお立ち寄りの際は是非ご覧になってください。

isogani

yamame