20170726_milkyway_01_750x10007月に入り、北オホーツクも30度を超える暑い日が何度かありました。ここ数日は25度前後で気温は安定していますが、急に冷え込むことがあるのがあるので注意が必要です。

ここ数日夜は雲もなく星空観測にはもってこいの日が続いていましたので、夜外に出てカメラを南の方角に向けてみました。少しピントが甘くなっていますが、30秒間シャッターを開けてとったもがこの一枚です。

天の川が縦にくっきり写っているのがわかります。時間によっては「国際宇宙ステーション」が流れていくのも目視できます。夏の夜空の醍醐味です。

夜10時ごろには北西の空に北斗七星、北東の空にはカシオペア座もはっきりと見ることができます。

8月中旬には東京の塾が雄武でサマースクールを行うことになっています。雄武町でそういう試みは初めてのことらしいので、私もできる限りのお手伝いをしようと思っています。アクティビティの一つとして、雄武高校の桑井校長先生が天文学を専門していらしたので、日の出岬で星空観測会を行う予定しています。事前にホテルで30分程度の予習を行い、そのあと野外で星空をみて楽しもうというアクティビティです。東京では絶対に見られない満天の星にどういう反応をするのかが今から楽しみです。

事前に観光協会のHPでも告知いたしますので、興味のある方(子どもたちも含め)はぜひ参加してしてくださいね。

決まっている日時は8月11日(金)夜19時ごろからホテル日の出岬の太陽の間で桑井校長先生による星空勉強会を行い、そのあと日の出岬に出向き、星空観測会を行う予定です。詳細が決まり次第お知らせいたします。