inashibetsu_waterfall快晴の5月27日に観光協会三人組でイナシベツの滝に行ってきました。雄武は神門の滝が有名ですが現在は路面に亀裂が発生しているため、通行止めとなっていて、神門の滝へ行くことができません。開通も現在のところ未定となっています。神門の滝よりもかなり市街地側に(とはいってもかなり山奥へ入りますが)イナシベツの滝があります。高さは神門の滝ほどではありませんがなかなかいい姿を見せてくれる滝です。

イナシベツの滝についてはオホーツク総合振興局のサイト説明から引用いたします。

イナシベツの滝は、雄武川支流イナシベツ沢上流に位置する滝で、高さこそ10メ-トルほどしかありませんが、水量は多く、ほぼ垂直に切り立った岩肌を流れ落ちるその姿は、豪快で迫力に満ちています。

国道238号線から道道美深雄武線を美深方面に向かって、約10キロメ-トル行ったところにフクロウの形をしたユニ-クな看板があり、ここが入口となります。この看板の交差点を曲がり、イナシベツ林道を1.2キロメ-トルほど進むと林道の分岐点に車止めゲ-トがあります。

ここから先は入林承認などが必要になりますが、徒歩でも300メ-トルほど上流に向かって林道を登っていくと滝の看板が見えてきて、この看板から遊歩道を70メ-トルほど下ったところに、この滝があります。(入林に関する問い合わせは管理課管理係まで)

国道238号線から道道49号線に入った場合、イナシベツ林道入り口(道道の左側)の目印が見つけにくいのですが、下にgoogle mapで印をつけました。google mapよりもgoole earthの方が分かりやすく、よく見ると滝も上空写真から確認できます。マークをつけたところはイナシベツへ行くための林道入り口ですからご注意ください。

林道の車止めに車を停め500メートルほど進むとイナシベツの滝の標識があります。そこから70mほど下ったところに滝はありました。降りていく道もあまり人が入っていないせいか整備はされていません。滝の下も大小の石が転がっていてけっして足場が良くないです。しかし、10メートルの高さから豊富な水が落ちる様はなかなかの迫力があります。個人的には神門の滝より好きです。

お一人で行かれる場合は十分に気をつけて下さい。もう山のここまで入るとそこはヒグマの生息地。携帯の電波もつながらない場合がありますので、朝夕などのヒグマの活動時間帯はお気をつけください。

  • 観光協会三人でイナシベツの滝まで行ってきました。滝の入り口まで歩き、標識を見つめる後藤局長。 心の中では「まぢ、ここに入っていくのか?」というささやきが。
  • 後藤局長、意を決して歩き始めます。
  • 先ほどの入り口から70mほど下ったところにイナシベツの滝がありました。 個人的には神門の滝より好みです。
  • 少しシャッタースピードを遅くして撮ってみました。三脚がなかったので手ブレはご容赦ください。
  • マイナスイオンがたっぷりです。 ただし虫がたくさん飛び交っていて虫除けスプレーは必須アイテム。私?持っていませんでした。
  • 滝の前にきれいな黄色い花が咲いていました。
  • 10分ほど滝を楽しみましたが、局長は虫が苦手なようで。 森を彷徨うスーツ姿の中年男性の図です。