オホーツク海から水揚げされたばかりの毛がにです。天然ものは何といってもキトキト感にあふれ、鮮やかな色をしています。

3月22日の雄武漁港、未明に出港した漁船が次々と帰ってきました。待ちに待った毛がにの初水揚げ。漁師さん達の荷揚げ作業にも力が入ります。

毛がにといえば雄武。今年は中型サイズが多く、昨年後半の値に近い、まずまずのすべり出しだそうです。4月22日10時~13時開催予定の雄武漁協、毛がに祭り。毛がには脚から頭まで、まるごと楽しめます。テーブル席もありますので、その場で茹でたての毛がにを豪快に味わうことができます。ぜひお越しください。