8月6日(日)雄武町観光協会は音威子府村が企画する「第36回ふるさとまつり」に参加してきました。私たちのブースではホタテ焼き・イカ焼き・タコ串焼き・ツブ焼きを1皿300円で販売。焼き床の火力調整が難しく大変でしたが、何とか完売できました。

当日、雄武町を朝出発したときは肌寒かったですが、音威子府村の天気は良く、気温は28℃会場では焼床の遠赤外線の影響で汗びっしょり!販売スタート後すべて好調に販売しましたが、中でも昨年人気が無かったイカの姿焼きをゴロ焼きに変更が当たりで即完売しました。(ゴロ焼きはイカを1口サイズにカットして、はらわたと混ぜて焼き最後に少ししょう油で味付けしたもの)

地元の運営するブースではローストビーフが1皿300円で販売していて、めちゃくちゃ美味しかったです。イベントはヨサコイ・歌謡ショーまた村の特産品であるそばで早食い大会などの村民参加のゲームがたくさんあり、会場全体が村民のやさしさが伝わり、ものすごーく楽しんできました。

音威子府村さん、ご招待ありがとうございました!