20170506-GR025945-1

ゴールデンウィークも終わり、また日常生活に戻りましたね。雄武町も北見山地にはまだ白いものが見えますが、少しずつ日中の気温は上昇しています。しかし、5月のオホーツク地方の気候はジェットコースターみたいな時もありますので、旅行するさいは服装にお気をつけください。

5月中頃から6月にかけて、本州では入梅の頃ですが、道東やオホーツク海沿岸は寒暖の差が激しいです。寒気と低気圧の影響で霜が降りるくらい寒くなる時もあれば(もちろんストーブをたきます)、フェーン現象で気温が30度くらいまで上がる日もあったりします。また風の強い日が多いのも特徴です。

Tシャツ一枚でも日中は過ごせても、朝晩は一枚羽織るものがあったほうが安全。アウトドアでよくある、フーディをカバンに忍ばせておけば大丈夫でしょう。

さて、夕焼けの写真。5月6日に写したものです。西の空に沈む夕日はとてもきれい。こういう風景は雄武ならではの美しさがあります。日の出岬は日の出で有名ですが、もちろん夕日もすごくきれいに見えるスポットでもあります。これから暑くなって来たら、温泉で汗を流し、夕涼みがてら夕日を見に散歩も気持ちがいいです。ストレスも溶けてなくなるくらい、のんびり静かな場所です。