12月3日の朝8時から上架作業があると聞いて、雄武港へやってきました。

時すでに遅く、クレーン作業は終っていました。船の上に3月から11月まで載せて

熟成させた旨酒を飲みすぎての遅刻ゆえ、せんかたなしと諦めるしかありません。

漁師さん達がいたわるように丁寧に船底を清掃していました。

来春の海開けまではここで冬眠、ずらりと並ぶ様は壮観です。

雄武港の岸壁ではチカが豊漁で、釣り人で賑わっていました。

チカの天ぷらは塩を振りかけて食べたら、止まらなくなります。

オホーツクならではの風物詩ともいえる上架作業でしたが、

海の勇者たちの眠る雄武港へ、流氷期にでもぜひ、お越しください。

日の出岬の天然温泉、オホーツクオムイ温泉もお待ちしています。