sobauchi022クラブツーリズムを利用した西興部・雄武の旅に参加してくださったお客様対象のそば打ち体験会が9月6日に行われました。もちろんそば粉は雄武町のダッタンそば粉を使っています。お三方の体験でしたが、東京方面からいらっしゃったとのこと。そば打ちはほぼ初体験でした。初めは緊張の面持ちでしたが、繊細なそば打ち作業に集中しておられました。指導は「おうむ手打ち蕎麦の会」の方々がボランティアでやってくださいました。

がんばること約1時間半。悪戦苦闘した結果、初めてにしては見事な手打ち蕎麦ができあがりました。早速厨房で茹でてざるそばにして食べていただきましたが、皆さん満足そうなお顔でした。食卓には天ぷらやおにぎり、薬味も用意され、温そばも。これもとてもおいしかったです。

現在ダッタンそばは収穫の真っ最中。しかし、9月に入って台風の影響で悪天候が続いています。収穫にも影響が出そうですが、なんとか乗り切ってほしいです。

雄武町では短期滞在型の宿泊プランも行っていますので、都会からのお客様に是非雄武町に来ていただいて、都会の日常生活とはまったく違う田舎の営みを体験していただきたいと願っています。

  • そば打ち体験スタートです。若干緊張の面持ち。
  • そば粉をふるいにかけます。
  • やり方を教えてもらいます。
  • 水を加えて捏ねていくとだんだんかたまりができてきます。
  • さー練りの作業です。
  • 練り終わったと円柱状に成型します。
  • それを綿棒で伸ばしていきます。
  • だんだん広がってきました。
  • 四角に形を整えて折りたたみ、包丁で切る行程に移っていきます。
  • 初めはなかなか揃わなかった切り口がだんだんそろってきました。
  • なかなかの包丁さばきですね!
  • これが切ったそば。一人前約150gです。
  • どんどん速く切れるようになってきました。
  • 切り終わった後のアドバイスを聞きます。
  • 打ち立てのそばを茹で食べました。初めてそば打ちをしたとは思えない美味しさでした!