%e3%81%93%e3%81%b5%e3%82%99%e3%81%97%e5%ba%a7%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bchp来る11月23日(水)勤労感謝の日に雄武町町民センターにて民族歌舞団「こぶし座」の雄武公演が行われます。前売り券は雄武町内各所で販売中です。雄武町観光協会(道の駅2階)でも販売しております。雄武町で生の演劇や伝統芸能に触れられるとても良い機会ですので、たくさんの方々のご来場をお待ちしております。

料金は一般の方1,500円、小中高生が500円です。前売り券、当日券ともに同じ料金です。特にお子様は生の芸術に触れることは一生の宝になることがございます。ご家族揃って観劇にいらしてください。

 

 

開場は午後1時半、開演は午後2時からです。演目は次のようになっております。

  • 江差祭りばやし
  • 神楽曲「楽」ー松前神楽よりー
  • 民謡「道南口説節」
  • えびす舞
  • 傘踊り
  • 寿獅子
  • おはなし「浜の母っちゃは、津軽の嫁こ」 他

雄武町ではふれあい企画として、主催=雄武町芸術文化実行委員会、後援=雄武町教育員会・雄武町文化連盟・雄武町観光協会・雄武町老人クラブ連合会が行っております。

こぶし座について
こぶし座は1965年に函館で生まれ、北海道で活動をしている専門集団です。これまでに「働く誇り・生きる喜び・明日への夢」を多くの道民と語り合いながら、北海道を中心に約8,450回(観客数121万人)の公演をおこなってきました。伝統芸能の継承・創造・普及を行うことを通じ、地域文化の発展と向上を図り、もって文化・芸術の振興に寄与することを 目的としています。