okhotskcycling001第35回オホーツクサイクリングが7月2日(土)朝7時30分にスタートしました。当日の朝は曇り空だったのですが、そのあとは雨脚が強くなり、参加者の皆さんはなかなかシビアなコンデションでの大会となりました。

雄武町はオホーツクサイクリングのスタート地点になっているのでその前日の夕方から前夜祭を行いました。町のボランティアスタッフの皆さんによる毛ガニ汁、雄武牛の焼肉、ホタテ焼きなどを無料で参加者の皆さんに召し上がってもらえるようにしています。スタートしてすぐに毛ガニ汁のブースには長蛇の列ができ、雄武町漁業組合の青年部の皆さんも「明日はがんばってくださいねー」と声をかけながら参加者の方々に毛ガニ汁をお渡ししていました。雄武牛の焼肉やホタテ焼きにも長い列ができ、皆さんそれぞれのスタイルで食事を楽しんでいらっしゃいました。

前夜祭は天候にも恵まれとても賑わいのある催しとなりました。特別ゲストであるモデルサイクリストの日向涼子さんとサイクルライフナビゲーターの絹代さんのトークショーに参加者は大盛り上がりでした。

スタート当日の朝は曇り空。スタート地点には町民の方々もたくさん来て声援を送っていました。雄武中学校・高校の吹奏楽部によるイカした音楽(個人的には君の瞳に恋してるが好き)におくられ参加者の皆さんはスタート。斜里まで行く方はここから一泊二日の長丁場となります。

来年もまた参加して雄武町に来てくださいね!とにかく天気に恵まれれば最高のサイクリングロードになることは間違いありません。