6月18日 曇りのち晴れ 小潮  雄武町元稲府漁港から金祐丸にて朝4時に出航。
乗船メンバーは地元の釣り仲間7名、私の釣座はトモを陣取る。
1時間ほどで雄武沖のポイントに到着。1投目からすぐにアタリがあり、上がってきたのはゲストのギシカジカ、気を取り直して再投入、水深は110メートル誘いをかけて底から2~3メートルで、確信のアタリ!! バラシ防止のため底から10メートルは手動で巻く、後は電動リールで20位の速さで巻き上る。巻き上げ中は何度も強烈な引きで電動リールのドラグがすべり、ロットの穂先が海中に突き刺さる。これこそが真鱈の引きごたえ、たまらんわ!上がってきたのは体長50センチの黄色い斑点模様がある中型の真鱈でした。

出船時は曇りだったが日が当たりだした8時頃に船内で大きな歓声と共に上がってきたのは、7~8㌔の親分真鱈と中型真鱈の一家、釣ったのはミヨシに陣取った釣り名人の西村さん。私は親分真鱈を釣れませんでしたが、多い人で4本釣っていました。その後も船長がポイントを替えながら順調に釣果を伸ばしていき13時に納竿。釣果は中型サイズと小型サイズ合わせて25本、竿頭の大澤さんは大型クーラー2杯分で約45本。天気にも恵まれ、全員釣果に大満足。

今夜はフライにしていただきました。オホーツク海の荒海で育った真鱈は身がしっかり締まっていながら、ふわふわでめちゃくちゃ美味しい!また定番料理は煮付け・塩焼きそして鍋が最高!楽しい釣りをした後は鮮度抜群の魚を食す、これが釣り人の特権です。

興味のある方は雄武町観光協会へお問合せをお願いいたします。